ニール・ストラウス氏ザ・ゲームの要約。初心者に役立つの?

恋愛書評
この記事は約7分で読めます。

出会い研究家マサムネです。

 

ナンパ本として有名な
ニール・ストラウス氏ザ・ゲーム。

 

全米ベストセラーになっていて
誰でも一週間でモテる男になれる
と謳っています。

 

この記事では、
そんなニール・ストラウス氏の
ザ・ゲームの要約をし、
初心者に役立つか検証していきます。

著者ニール・ストラウス
翻訳田内志文
販売会社/発売会社 パンローリング

 

ニール・ストラウス氏の
ザ・ゲームを早速見ていきましょう。

 

ニール・ストラウス氏のザ・ゲームを要約しました

ニール・ストラウス氏の
『ザ・ゲーム』は以下の3点に
要約することができます。

  • オープナー
  • ネグ
  • IOI

順番に解説していきます

 

オープナー

オープナーとは、口説きたい女性、
もしくはその女性のグループとの
会話のきっかけを作るためのセリフ。

 

ここで気をつけるのは、
つまらない会話はしないです。

 

「どこから来たの?」
「なんの仕事してるの?」

 

ザ・ゲームでは、
このような質問は
つまらない会話と定義づけて
NGな行動としています。

 

つまらない会話をしても
他の男性との差別化が難しいので
意味のない行動といことです。

 

ザ・ゲームにはこれ以外にも
女性の居心地を悪くさせないなどの
良いオープナーについても
詳しく書かれています。

 

ネグ

ネグとは、女性に対して使う
イジりやあいまいな態度、
うっかりを装った侮辱のこと。

 

これは、説明するのが難しいので、
ザ・ゲームから引用します。

 

ネグは、ちやほやするのともコケにするのとも違う。その中間にあたる行為だ。偶然失礼を働いてしまったり、皮肉っぽく褒めたりするような、そんな感じだ。ネグの目的は、彼女に関心がないことを表現しながら、彼女の自信を失わせることにある。例えば、歯に口紅がついていることを教えてあげたり、彼女がしゃべり終えたあとにガムを差し出したりと、そういうことだ。

 

このネグというテクニックに関しては、
賛否両論あります。

 

アメリカだから通じるとか
日本の文化には合わないなど。

 

僕もあまり日本人には
馴染めないと感じました。

 

IOI

IOIとは、
(indicator of interest)のことで、
訳すと関心を持っていると
意思表示することとなります。

 

このIOIはあなたからの
意思表示ではなく
女性からの意思表示。

 

わかりやすく言うと、
ボディタッチをしてきたり
褒めてきたり、
手を握ったら握り返してくれる
などのことです。

 

女性からIOIが発せられたら
あなたに興味があると
考えて良い段階となります。

 

ザ・ゲームは初心者に役立つの?

ザ・ゲームは
初心者に役立つか
検証していきます。

 

このザ・ゲームは、
テクニックについて
書かれているのは、
全体の10分の1くらいで
残りは著者の自伝。

 

それしか書かれてないの?
と思うかもしれませんが、
全部で660ページあるので
ボリューム不足はありません。

 

この本はナンパのための本なので、
好きな人を口説きたい!
という人には向きません。

 

ですが、
これからナンパを始める!という
ナンパ初心者の人は
読んでみても良いと思います。

 

しかし、著者のニール・ストラウス
アメリカ人でナンパの舞台もアメリカ。

 

なので、この本のまま実践しても
日本では上手くいかない
可能性があります。

 

それを補うことができる
応用力を身につけるか
別途Howto本を購入しましょう。

 

ザ・ゲームの口コミ・評判

ザ・ゲームを
読んだ人の口コミ・評判を
見ていきましょう。

 

良い口コミ

この本はナンパないし恋愛で成功したいと思う世の男性にとっての武器になると思います。

しかしその扱い方、長所短所把握した上で初めて役に立つのがまた武器だと思います。

それこそ、街中のケンカで下手に刃物を取り出したばかりに相手に逆用され取り返しのつかないことになるかも知れないですし、扱い方わかってないピストル使うよりは素手のほうが良いかも知れません。

なので、本書は
「元々ある程度モテる」
「今以上モテようという野心は特にない」
という人は読む必要ないと思います。

逆に、
「色々試してるけどうまくいかない」
「単純に今よりモテたい」
と思いなおかつ、ナンパにせよ何にせよ実践に移し、トライ&エラー出来る人にとって本書は武器になってくれるでしょう。

 

この本に書いてあることは、あくまでヒントであって、どうすれば良いかは自分で考えて補完する必要があります。
女性と親しくなりたいが、一体どうすれば良いかが分からず迷走してしまっているかをチェックする用途で使うのが、最も効率的な利用法でしょうか。

 

一見するとアメリカ人が書いたナンパのマニュアル本に見えます。しかし実際はナンパに出会い人生を一変させてしまった元非モテ男のライターからモテ男になり数々の美女やハリウッド女優を落としていくまでのストーリーが描かれています。ただしその代償もありモテる男になったからこそ抱える葛藤や哲学が凝縮されており幸せとは何かについて非常に考えさせられます。読む人を選ぶ本だとは思いますが私は個人的にこの本の劣化版である某恋愛工学の本よりも原典であるこの本を読んだ方が数倍得られるものがあると思います。また、この本に書いてある方法を日本でそのままやると痛い目に合うと思いますので(現に私がそう)、抽象化して自分のものにしていくのが良いと思います。

 

悪い口コミ

how-to本だと思って目次を見てみるといささか興味をそそるもの(「購買意欲…」「肉体関係…」etc.)もありますが…

その実は、翻訳小説にありがちな読みにくい文体で著者の退屈なエピソードが延々と語られるだけ。

600ページを超える本ですが、唯一巻末の「本書に登場するナンパ用語(10ページ程度)」は使えるかなという印象でした。

まだ、続編の「30デイズ」の方が読みやすいし、使い勝手がいいと感じました。

 

タイトルを額面通りに受け取ってしまうと期待外れになるかと思います。
もし私が内容に即してタイトルを付けるならば、
「ザ・ゲーム ナンパ師の快楽と絶望 」といったところでしょう。
アメリカの一流ナンパ師達(本文中ではPick Up Artistと呼ばれている)の成功までの努力、友情、悩みなどが書かれており、小説あるいはエッセイのような内容になっています。
私は最後まで非常に興味深く読み切れましたが、文が冗長なので合わない人は読み切ることは困難かもしれません。
ハウツーが知りたい場合は、この続編を読んだ方がいいかと思います。

 

この本に書いてあることは日本では役に立たないし、面白くもない。たまにアドバイスがあったかと思えば「羽根がついた帽子をかぶったり、電光掲示板がついたド派手な服を着ろ」などの、馬鹿げたアドバイス。宣伝コピーも姑息だし。ページ数が多いから内容が詰まってると思いきや、特に後半はかなりダレてしまい、内輪揉めの事情など誰も興味の無いエピソードが延々と続くだけ。

 

以上が、ザ・ゲームを
読んだ人たちの口コミです。

 

まとめ

ニール・ストラウス氏の
ザ・ゲームを要約して
初心者に役立つのかを
書いてきました。

 

ザ・ゲームは、アメリカが舞台の
ナンパの本で、その内容は
日本では通じないものもあります。

 

ある程度、ナンパの経験がある人は
自分の中で構築してきたノウハウの
応用に役立つかもしれませんが
初心者ではあまり役に立たない
そんな印象を受けました。

 

ザ・ゲームは、初心者さんには
向かない本です。

 

マサムネおすすめ教材

僕、マサムネが
実際に購入し検証してみて、
「初心者におすすめできる」
という教材を一覧にしてみました。

⇒マサムネおすすめ教材はこちら!

 

無料相談受付中

只今、無料相談受付中です。
⇒マサムネに無料で相談してみる

 

実際に数多くの恋愛マニュアル試してみた
僕がおすすめする恋愛マニュアルは
どれか知りたい方も
こちらから相談ください。

 

その他、恋愛の悩みもお気軽に!

 

マサムネメルマガ

マサムネのメールマガジンはじめました。

 

出会いの方法や会話情報、
デートの方法などはもちろん、
ブログでは書けないような裏情報なども
配信していこうと思います。

 

登録は無料ですし、
いつでも配信解除ができるので、
お気軽にご登録いただけたら嬉しいです。

 

反対に、時間が無いけど
恋愛テクニックを学びたいなら
よくまとまっている本なので
読んでみても良いと感じました。

 

▼マサムネのメールマガジンの登録はこちら▼

 

出会い研究家マサムネでした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました