恋愛初心者がやるべきこと【その5】デートに誘おう!

超初心者講座
この記事は約9分で読めます。

出会い研究家マサムネです。

 

彼女が欲しいけど
何からはじめるかわからない。

 

そんな恋愛初心者のあなたへ
まず何をやるべきかを書いていきます。

 

第5回目最終回の今回は、
デートに誘おうです。

 

第1回目の清潔感はこちら

第2回目の内面を磨くはこちら

第3回目の情報収集はこちら

第4回目の聞き上手はこちら

 

清潔感を手に入れて
内面を磨き、情報収集し、
聞き上手になったら
いよいよデートです。

 

デートに誘うことが出来たら、
もう、恋愛初心者ではありません。

 

あと少しで、終了なので
もうひと頑張りです。

 

それでは、デートの誘い方
デートプランの立て方、
デートの注意点について
書いていきます。

 

恋愛初心者がやるべきこと【デートの誘い方】

恋愛初心者がやるべきことの
デートの誘い方のお話をします。

 

ここまで清潔感を手に入れ、
好きな女性の情報収集し、
聞き上手になっているなら
女性とも仲良くなっているはず。

 

仲が良い女性をデートに誘うには、
もっともポピュラーな方法は
会話の流れで誘うです

 

会話の流れでデートに誘う

会話の流れでデートに誘うのが
もっとも簡単な方法です。

 

ここまでの初心者講座を
読んできているあなたは、
情報収集ができているはず。

 

そこで、会話中に
「確か○○が好きだったよね?」
「新しいお店が出来たから行ってみよう」

 

これだけでデートに
誘うことが出来ます。

 

また、聞き上手になっていると、
女性の方から気になっている
お店の情報が出てきます。

 

女性「今度△△がオープンするみたい」
あなた「確か好きって行ってたよね」
女性「覚えてててくれたんだ」
あなた「もちろん!今度一緒に行こうよ」

 

当然ですが、この誘い方は、
女性と仲良くなっていることが
前提となっています。

 

もし、まだ女性と
仲良く慣れていないなら、
前回の聞き上手を実践してから
この方法を試してください。

 

恋愛初心者がやるべきこと【デートプラン】

恋愛初心者がやるべきことの
デートプランの立て方を
解説していきます。

 

デートプランは重要ですが、
プランを立てない男性が多いです。

 

デートプランを立てない理由は

  • 面倒くさい
  • プラン通りにいかないから
  • プランの立て方がわからない

だと思います。

 

ですが、面倒で誰もやらないから
他の男性と差がつくのです。

 

もし、あなたが女性の立場だったら
このような男性のことを
どのように思いますか?

 

せっかくデートに来たのに、
プランを立ててなくて
行きあたりばったり。

 

なにかトラブルが起こると
あたふたして対処できない。

 

もし、デートした相手が
こんな男性だったとしたら、
まず、好きにならないですよね。

 

なので、デートプランは、
とても大事なのです。

 

はじめてのデートはプランは男性が立てる

普段のデートでは、
彼女と二人でプランを立てるのを
おすすめしています。

 

しかし、はじめてのデートに関しては、
男性が立てた方が良いです。

 

その理由は、未だに
デートプランは男が考える
そう思ってる女性が多いから。

 

なので、初めてのデートはプランは、
男性であるあなたが立てましょう。

 

デートで行く場所は、
もうわかりますよね。

 

女性と会話をしていて、
好きな場所や趣味などを
聞いているはずです。

 

初めてのデートには、
女性の好きな場所に
合わせるようにしましょう。

 

おすすめはランチデート

初めてデートをするのは、
おすすめはランチデートです。

 

その理由は、圧倒的に
OKを貰いやすいから。

 

女性にとってデートって
男性が考えているよりも
危険なものなんです。

 

  • 気を失うまで飲まされた
  • 無理やりホテルへ連れて行かれた

 

このような怖い体験を
している女性もいます。

 

その点、ランチデートなら
女性も安心出来るので
OKが貰いやすいです。

 

ランチデートのあとは、
どこか女性が好きな場所へ
1箇所行くくらいにして
夕方までには解散する。

 

これくらいが丁度良いです。

 

短時間で終わらせる

ランチデートをするときは、
短時間で終わらせましょう。

 

恋愛初心者の人は、
長時間デートをすると
ボロを出しやすいからです。

 

これは、あなただけでなく
女性にも言えること。

 

とくに男性は、
自分をよく見せるために
知ったかぶりをしてしまったり、
気持ちを抑えきれずに
ガッツいたりします。

 

せっかくうまく行ってたデートも
やらかしてしまって
台無しになってしまうことも。

 

そんなリスクはできるだけ
避けるべきです。

 

それと、短時間のデートでは、
「魅力をアピールできない」
「もっと一緒にいたい」
という人もいるでしょう。

 

しかし、短時間のデートでも
魅力のアピールは出来るし、
もと一緒にいたいと思うなら
また、デートに誘えば良いだけです。

 

以上の理由から、
初めてのデートは、
短時間で終わらせましょう。

 

恋愛初心者がやるべきこと【デートの注意点】

好きな人をデートに誘い
OKを貰ってプランを立てても
そこで終わりではありません。

 

いよいよデートの本番です。

 

ここからは、デート中に
やってはいけないマナーや
注意点のお話をしていきます。

 

時間厳守

これは当たり前のことなのですが、
デートに遅刻は厳禁です。

 

これは、デート以前に
社会人としてのマナー。

 

逆に女性が遅刻してきても、
絶対に嫌な顔をしたり
愚痴を言ったりしないでください。

 

笑顔で迎え入れるように!

 

スマホ・携帯の電源を切る

デート中はスマホや携帯電話の
電源を切るのがマナーです。

 

これはとても重要なことなのですが、
守れていない人が多い印象があります。

 

せっかく楽しく会話してるのに、
スマホが鳴ると白けてしまい、
彼女からの印象も悪くなります。

 

そんな事態を避けるためにも
スマホ・携帯の電源は
絶対に切っておきましょう。

 

例外として、デートの目的地の
場所がわからなくて
ナビとして使うくらいなら
許されます。

 

それ以外は、基本的には
電源を切っておくのが正解です。

 

歩く速度を女性に合わせる

デート中は歩く速度を
女性に合わせてください。

 

もともと男性と女性とでは
歩く速度が違います。

 

しかも、女性はデートのために
ヒールの高い靴を履いてることも。

 

そんな状態なのに、
あなたが好き勝手に歩くと
女性に負担がかかります。

 

なので、デート中は
女性に歩く速度を合わせる
これを忘れないでください。

 

店員に偉そうにしない

これは度々話題に上がるから
知っている人も多いと思います。

 

店員に偉そうにしている男性は
女性に嫌われてしまいます。

 

自分を偉そうに見せようとしているのか
格好良いと思っているのか
理由はわからないですが、
とても格好悪いです。

 

お金を払っているから
俺のほうが偉い!
と本気で行っている人もいますが、
そう思っていたとしても
態度に出すのはNG

 

「店員さんに対する態度は
一年後の恋人に対する態度」
という言葉もあるくらいなので
注意してくださいね。

 

テーブルマナーを身に着けておく

テーブルマナーは、
出来ていないと恥ずかしいです。

 

ナプキンの使い方、
フォークやナイフの使う順番、
スープの飲み方などなど
覚えることは沢山あります。

 

You Tubeにマナー講座の動画があるので、
デート前に見て覚えておくと
良いでしょう。

 

気をつけてほしいのですが、
フレンチとイタリアンとでも、
マナーの違いがあります。

 

デートで行くレストランに合わせて
マナーを学ぶようにしてください。

 

次のデートの約束をする

マナーや注意点とは違いますが、
次のデートの約束は、
デート中にしましょう。

 

デートが終わってから、
LINEなどで約束するのも
悪くはありません。

 

しかし、終わったあとよりも
デートの最中のほうが、
次のデートの約束の
OKを貰いやすいです。

 

誘い方も簡単。

 

「プラン立ててるときに
良いお店を見つけたから
また、一緒に行こうよ!」

 

あなたが初デートで
失敗していなければ、
このくらい簡単な誘い方でも
OKを貰うことが出来ます。

 

大事なことなのでもう一度言います。

 

次のデートの約束は、
デート中にしてください。

 

まとめ

恋愛初心者がやるべきことその5は、
デートに誘おうでした。

 

第1回目から4回目までのことを
実践しているのでしたら、
デートは簡単に誘えます。

 

好きな女性と会話をしているときに、
その流れで誘うようにしてください。

 

初めてのデートの場合は、
男性のあなたがプランを立て
女性を喜ばせてください。

 

それと、デートには
マナーや注意点があります。

 

それを守ることが出来ないと、
次のデートにつなげることは
難しいです。

 

しっかりと女性を楽しませて、
次のデートに繋げましょう。

 

出会い研究家マサムネです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました